定年退職と退職記念


定年退職は大抵、60歳の年の誕生日ですよね。
ここで主役はお父さんのケースが多い。
しかし、定年退職=還暦に至るまでに旦那さんを支えた、お母さんも退職記念日なんですよね。

還暦は大きなイベントです。
「お母さんもご苦労様」と言って労う家庭はどれだけあるだろう。
お父さんを支えてきたのは、言わずと知れたお母さんですから。
祝いの席ではやっぱり、お母さんもお疲れ様と言ってあげたい。
記念品は必要なくても、一言と気持ちを添えることは良いことだと思います。

大きな花束でなくても良いから、還暦の主役であるお父さんにこっそり、お母さん用の小さな花束を渡すこと。
これは、子供の仕事です。


棒読みでも良いから、お父さんの口で「今までありがとう」とお母さんに渡すことも、親孝行の一つかも?知れません。
この一言で、熟年離婚も防げるかも?知れません。
円満な空気はお金では買えません。

目に見えないプレゼント・・・、それも粋で良いもんじゃないでしょうか?


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 定年退職と退職記念

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kanreki.dream-supli.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/74

コメントをどうぞ






RSS2.0